ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/14

千家十職×みんぱく

国立民族学博物館に行ってきた。
「千家十職×みんぱく茶の湯のものづくりと世界のわざ」展

はじめて民俗学博物館なるところを訪れたが、
なるほど「みんぱく」らしさの出たおもしろい展覧会だった。

「千家十職」について補足すると、茶道三千家に出入りする十の職家を指す尊称である。
つまり今話題の世襲によって技を受け継いだ職人の家系である。
一覧にすると、下記のとおり。

 茶碗師  樂吉左衛門、
 釜 師  大西清右衛門、
 塗 師  中村宗哲、
 指物師  駒沢利斎
 金物師  中川浄益 、  
 袋 師  土田友湖、
 表具師  奥村吉兵衛、 
 一閑張細工師  飛来一閑、
 竹細工・柄杓師 黒田正玄、
 土風炉・焼物師 永樂善五郎、

普通、百貨店の催事や、ちょっとした展覧会で「千家十職」展というと、
歴代の作品をずらっと展示したり、茶会記にのっとったお道具の取り合わせを
並べてみたりして、茶道一色!の展覧会になることと思う。

それはそれでかなり見ごたえがあり、茶道に少なからずとも興味のある人は
こぞって押し寄せるだろう。もちろんネコもその一人だ。

しかし今回みんぱくで行われた展覧会はちょっと違った。

「茶道」、「千家御用達」、「○○宗匠お好みの・・・」、「だれだれのお箱書きの・・・」
という大きな暖簾に隠れてしまいがちであった、職人それぞれの技にピンスポットが
当てられた展覧会であったといえる。
当たり前のようで、今までなかったのではないだろうか・・・。

また、面白い企画だったなぁ、と思ったのが、民族博物館の所蔵庫に当代の十名が入り、
世界各地、多くの民族から集められた道具や衣装をそれぞれピックアップし、
そのインスピレーションから、一職人として新しい「もの」を制作するというものだ。

普段、主に茶道具に携わり、千家などの依頼を受けて制作をしている方々が
自由に、各々の感性で、好きなものをその技によって作るという・・・
簡単なようで、大変難しいことだったのではないだろうか。

ま、ネコなんぞに、どうこう言われたくないだろうが、
やはり「型」からは飛び出せなかったのだろうかと感じる作品もあり、
こんな感性をお持ちなんだ・・・と、再発見することができた作品もあったのではないか。


なによりネコが感心させられたのは、この企画をした学芸員だな。
普段の生活では触れることも、知る機会もない日本の伝統の技とその匠達を
一人の職人としてぐっと身近に感じ、また広く知らしめるきっかけにもなったのではないだろうか。

最終日にのぞきに行ってしまったので、お薦めはもうできないが、
こんな企画のできる学芸員がいるのなら、みんぱくの企画展・・・今後も期待しよう!


スポンサーサイト

≪ 太陽の塔ホーム脳と対面! ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。