ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/27

エジプト旅行 ~第1日目~

初日、午前10時すぎ(現地時間)
エジプト・ルクソール空港に降り立ち、三女との再会を喜ぶ。

エジプトでは搭乗者以外の空港への立ち入りが規制されており、
おまけに現地参加である三女の情報が現地係員に伝わっていなかった
入国審査の前にずいぶんガタガタして、気持の上でようやく会えた!ってかんじ。

日本では色白の三女は1年半のアフリカ生活ですっかり現地色 笑
元気そうでなにより。


我々一行と、他3名が今回のツアーメンバーらしい。
現地の係員、エジプト人のマハンメドなんとかさん・・・通称ムーディーさんとも合流し、
いよいよエジプト観光一日目がはじまります!

ルクソールはかつてテーベとよばれ、一時期首都として栄えた街。
最初に訪れたのはルクソール市街(東岸)の
 カルナック宮殿
P1010021_thumb.png

バスを降り立ち、最初に目に飛び込んでくるのがこの光景。
日干し煉瓦の積まれた巨大な第1塔門の前には羊の頭をしたスフィンクスがズラっと・・・
このスフィンクスは3㌔ほど離れたルクソール宮殿まで続いていたそうです。
P1010023_thumb.png

こ~んな光景を目の当たりにすると、感動よりまず呆然とします。
  テーマパークみたい・・・ 
  いやぁ、よくできてんなぁ・・・  みたいな。
だって、スケールが大きすぎるんですもん・・・

P1010022_thumb.png
あごの下にいるのは、ラムセス二世ね。 
このラムセスくん、これからよっくお会いすることになるので覚えておいてくださいね

左右にみえるのが第2塔門。これまたでかいでしょ~。
奥に見えるの大列柱室。
P1010028_thumb.png
柱一本一本にヒエログリフが彫刻されています。
この迫力には圧倒されますよ~。
P1010044_thumb.png
 (さよちゃんにご登場いただきました)

天井のテラス裏部分にはヒエログリフの色が退色せず残っているのが確認できます。
建設当初はきらびやかで華やかな建築物だったんだろうなぁ・・・
P1010030_thumb.png

この二本突き出たのが「オベリスク」。
ピラミッドが建築されなくなった後、その代わりに建てられたものだそうです。
オベリスク_thumb
オベリスクにもヒエログリフが彫られています。
そこから建造者がだれであるかもわかるんですね。

ちなみに、背の高い方のオベリスクはハトシェプスト女王のもので30mあります。
ハトシェプスト女王は紀元前1500年頃に即位した女王様です。
王様、女王様の名前はヒエログリフが円で囲まれたカルトゥーシュと呼ばれる形で表されます。
この表記があるおかげで、誰が建築主かっていうのもわかるんですね。
ビバ!ロゼッタストーンです。


入り組んだ所にある壁画に案内してくれたおじちゃん。
P1010053_thumb.png
こういう写真を撮ろうと思えば、当然の如くチップを強要されます 笑


ルクソール(西岸)
 ナイルをはさんで西側は死者の町といわれているそうです。
 あの王家の谷はこちら側にあります。
P1010076_thumb.png
正面にみえるとがった山をピラミッドに見立てて、ここに王墓を造ったとのこと。
・・・ってことは、やっぱりピラミッドはお墓!?

このようは発掘(盗掘?)後の墓が60基を超えるほど点在する。
なかには勿論、ツタンカーメンのお墓も。
P1010083_thumb.png
盗掘を免れたのはツタンカーメンの墓のみ。
財宝の全てはカイロ博物館へ・・・。王墓には棺と小さなミイラが横たわっていました。

他の王墓はすべて盗掘され、犯人は後の王様達であった・・・と、ガイドさんは話していました。
日本で耳にする情報と現地で説明をうけるものとは小さくも大きくも違うことがあり、
ほんまかいな、と思いつつ、とても興味深かったですね・・・



同じく、ルクソール(西岸)の
ハトシェプスト女王の葬祭殿
P1010089_thumb.png
建設当時は立像をはじめ荘厳な葬祭殿であったようですが、
義理の息子であるトトメス三世との確執で破壊されたとのこと・・・
P1010096_thumb.png
 (旅の仲間たちです。)


ライトアップされているのはルクソール宮殿
東側にあり、カルナック宮殿とスフィンクスでつながっていたという宮殿です。
P1010098_thumb.png
正面、二体の巨像はラムセス二世。
オベリスクも二本そびえていましたが、もう片方は現在パリのコンコルド広場に・・・

こちらの宮殿にも列柱が・・・ 
驚くほどの高さの柱が、間隔せまく林立していて、本当に圧倒されます。
P1010118_thumb.png

中庭にはまたしてもラムセスくん達・・・
P1010130_thumb.png
正面の巨大座像、二対の立像をはじめ、いたるところにラムセス二世が・・・
そりゃ男前ですけど、どんだけ自分好きやねん~っ

そんななか、お雛様のような可愛い夫婦の座像が・・・
P1010133_thumb.png
ツタンカーメン夫妻だそうです・・・



・・・今日のお食事・・・

Lunch:カラマリタジン(イカと野菜のトマト煮込み)
P1010070_thumb.png

Dinner:マハシー(野菜で包んだお米料理)
P1010137_thumb.png


スポンサーサイト

≪ エジプト旅行 ~第2日目~ホームエジプト旅行 ~プロローグ~ ≫

Comment

ライトアップされてるとすごく雰囲気イイですね~。
写真を見ているだけでも行きたいと思っちゃいました~。
エジプトのお料理はどんななのかな?と思いましたが、意外と大丈夫そうですね~(笑)

行ってください~

いやぁ~、一度行ってください、エジプト!
想像以上に度肝をぬかれますよ~!

食事は・・・見た目以上にいけてません 笑
でもおなかを壊さずに帰ってこれたので、良しとします。

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

Track Back

TB URL

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。