ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/24

今日のお稽古(24.11.09)

ほら、まじめにいってるでしょう。
まじめに行っている代わりに、水彩画のお稽古に行けてないのです・・・^^;
日程がバッティングしてるんですよね~


さて、本日は サンゴミズキ、イリスに小菊です。
イリス・小菊
写真ではちょっと見にくいのですが、イリスというのは、
菖蒲や杜若のような紫のお花のことです。
なんとなく初夏の花のイメージがありますが、イリスは寒い時期に咲くのですね。
シンプルだけど、綺麗な取り合わせですね~。


スポンサーサイト

2009/11/22

今日のお着物(22.Nov.09)

月釜のあと奈良へ・・・

鮫小紋の地模様がはいったちょっとおしゃれな紬・・・だと思うのだけど・・・
手触りは大島のようなシャリッとした冷たい感覚なので、
紬なんだろうと思うんですけど、鮫小紋の地模様なんてはいるのかしら?
どなたか教えていただけません? 
P1030072_thumb.png

まぁ、このように、祖母や叔母から回ってきた着物は
なんだろう・・・コレ?というものも少なくありません。
誰のだろう?これ?というのも少なくありませんけど・・・


この着物も母のものかと思いきや、「知らん」とのことで、
祖母のものかと思っておりましたが、ちょっとハッカケが派手なんですよね。
裄も長いし・・・ どなたのか教えたいただけません? 笑


そうそう、奈良。
本当は興福寺の金堂で、帰ってきた阿修羅とお会いしたかったのですが、
会場は長蛇の列!!

いまにも泣きだしそうな様子の空模様のうえに、待ち時間は2時間の立て札。
2時間以上ならんで、人ごみのなか数分の見学…とぼやく声を聞いて断念!!

しかたがないので、猿沢の池をぐるりと回ってお散歩して帰りました。
紅葉の奈良はいいものですね。
京都よりちょっと行きにくいのだけど、来年はじっくり奈良を散策しようかしら・・・


2009/11/17

今日のお稽古(17.11.09)

近頃、姪っ子を連れてゆくせいか・・・というか、そのおかげで
まじめにお花に通っています。

といって、メキメキと上達するわけでなく、
やはり反省と忘却の繰り返しなのですが・・・


11月17日は タマシダ、バラ、小菊を・・・
バラ・小菊
こうみると、無作為にタマシダ(グリーンのツタのようなもの)が
突っ込んでるように見えるかもしれませんが、
ひと株で生息しているように順番に入れてゆきます。

タマシダ8本はほぼ同寸。主を決めて、手前にもう一枚、
そして副になるものをいれ、少し短めのものを下に添え・・・

あ~・・・次まで覚えていられるでしょうか・・・


姪っ子は、ちょっとかわった花材、カンガルーポーとカーネーションで
華やかなお花を生けていましたよ。
リー・カンガルーポー

2009/11/15

秋も深まってまいりまして・・・

P1020952_thumb.png

向寒の候、いかがおすごしでしょうか?

日々なんだかんだと忙殺されております・・・


おどろいたことに、ブログ上ではまだ「愛媛旅行」から
戻ってきてもいないのですね
すっかりご無沙汰してしまいました・・・
コメントをいただいている皆様、ご無礼お許しくださいませ m(_ _)m


またぼちぼち更新させていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。



ネコ拝

2009/11/07

愛媛に行ってきました(道後温泉編)

『坂の上の雲』を読みながら、やってまいりました

  道後温泉 

ま、ここで読むなら『坊っちゃん』ですね、どちらかというと 笑



道後温泉は、これまた大国主命と少彦名命が発見したという
神代の昔から伝わる由緒正しい温泉。
有馬温泉、白浜温泉とならんで日本三古湯の一つに数えられるのです。

P1020856_thumb.png
道後温泉のシンボル、道後温泉本館は、明治27年に建築された近代和風建築の三層楼。
どっしりしたその姿は期待を裏切りません。

小説『坊っちゃん』では確か「住田の湯」として登場したと思いますが、
漱石が通ったころはまだ新築だったんでしょうね。

そのころは現在の正面から左手のこちら側(北側)が入口だったそうですよ。
P1020796_thumb.png
周囲には旅館もたくさんあり、もちろんそれぞれに引き湯をしていて、
旅館内で温泉を楽しめるのですが、みなさん浴衣に手ぬぐい片手でやってきます。
道後温泉にきたら、やっぱり本館に入らなきゃね♪


いや~しかし、おかげですっごい人!
入口がずっとごった返しているんですよね。


なんだか料金システムも難しいし、なにより芋の子を洗うみたいなことになったら、
情緒も歴史もあったもんじゃない…と、まずは付近を観光しつつ空いた時間を狙うことに。


結果をいえば、付近の旅館がお食事の時間頃、
18時半から20時までが一番空いているかもしれません。
もしくは朝の8時から9時前後のcheck out付近が狙い目ですね。


夜の本館もとっても素敵
P1020835_thumb.png

P1020841_thumb.png
といいつつ、ネコさんたら18時半ごろにはおなかがすいてきちゃいましたので、
お風呂は翌朝一番風呂を狙うこととして、餌場を探すことにしました。


選んだお店は、割烹「道後 椿倶楽部」
オーナーも料理人も全て女性というとっても素敵なお店。
御一人様のネコさんも気後れすることなくお邪魔できる暖かい空間です。

お料理にも細かな気配りと工夫があって、大当たり
P1020819_thumb.png
とりあえず・・・の先付け(1000円です)。
美人のオーナーに もう一度会いたくなっちゃうお店でした。



お風呂はね、結局あの人ごみに入る勇気が出なくって、
近くにある銭湯もちろん温泉)に行ってみることにしました(お昼の画像です)。
tsubaki.jpg
これがね、大正解!

地元の皆さんの浴場なんだけど、道後温泉本館と同じ源泉なんですよ。
内部も歴史を感じるしつらいで、比較的空いてるし、お安いし、いい選択でしたよ!


しかし、ここまできて本館に足を踏み入れずには帰れません。
あした朝6時の一番風呂にお邪魔するとして、おやすみなさい~


・・・つづく・・・


2009/11/06

愛媛に行ってきました(プロローグ)

どうも旅行づいておりますが、この度は愛媛に行ってまいりました。


というのも、現在講習をうけているマナー講師養成講座の会長・副会長の講演が
日曜の午後に松山で行われることになったのです。
ま、それは建前として、愛媛に行ったことがなかったので、旅行のよい機会かなぁと思って

松山といえば司馬遼太郎の『坂の上の雲』が有名ですよね。
旅行前の事前勉強を欠かさないネコとしては、
これまたよい機会ついでに読んでみようかとも思いまして…。


『坂の上の雲』を読む…と一言で言っても、文庫本にして8冊の長編小説!
おまけに日露戦争の軍人さんのお話でしょ?そもそもあまり興味がなかったのです。
まぁきっと二度は読まないだろうと踏んで、まずは図書館へ行って参りました。


しか~し!どの図書館も“貸し出し中”。
司馬遼太郎全集も『坂の上の雲』掲載巻のみ“貸し出し中”!

すごすごと本屋に向かうと、平積みの山積み^^;
やっぱり月末からはじまるドラマの影響かしら、
それぞれ特集号も組まれてたりして、知らないうちにブームが来てたのね 笑


まとめ買い大好きのネコにしてはいつ嫌になってもいいようにと、
第一巻のみ購入。帰りの電車で読み始めると・・・


  おもしろい!

幕末から明治へ移行する日本において、貧しいながらも志高く生きてこうとする日本人が
秋山好古、真之兄弟と正岡子規の少年時代とともに生き生きと描かれています。
頭の中で、目の奥で、明治期の少年たちがくるくると動きだすような描写には
「さすが司馬遼太郎、見てきたんか・・・」と思わずにはいれません。


小説の読書時間は通勤のみで、旅行までに通読は無理でしたが、
まだ読んでいらっしゃらない方がいらしたら、是非お薦めです。

松山で過ごす時間がとっても有意義なものになりそ~な予感


・・・旅行本編へ続く・・・

2009/11/04

NO.1 になれなくても

ひとつのことをやり通すということはすごいことだなぁと思う。
また、そのことで頂点に立つということは何事にもましてすごいことだと思う。

遠くアメリカではヤンキーズが優勝し、松井はMVPになった。
そして、はるな愛はニューハーフの世界一になった・・・


まぁ世界一でもいろんな世界一があるんだなぁと思うけど、
ネコはお茶にお花、ステンドグラスや水彩画、その他もあれやこれやと 
いろんなことに手を出してきたけれど、何一つ大成していない。
仕事にしてもそう、胸をはれることをしているかしら・・・

広く浅くといえば聞こえはいいけど、全て中途半端っていうのもなぁ。


いつか人生を振り返って、これだけは自信を持って・・・と言えることが
たったひとつでもあれば幸せだな。
世界一になれなくても、せめて自分を誇れる何かを残したい・・・


高い秋の空をみていたら、そんな気分になった。


ホーム

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。