ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/30

高知に行ってきました

うんっとブログをお休みしている間に、またまた旅行に行ってまいりました。

とりそびれた夏休みが消滅寸前でございまして、
急きょ旅の予定を立てたのでした。

休み中に運よく「中秋の名月」が参ります。
お月さま好きの私には好都合の日程!

今年の月は「桂浜で・・・」と見定めて・・・
ってことで、お魚天国、高知に行ってまいりました~。



今年の中秋の名月は10月3日


月は満ちぬとも、戻り鰹が私を待っていてくれました~

P1020546_thumb.png

きゃ~最高~!!!
愛してます~



スポンサーサイト

2009/09/26

今日のお着物

今日はお着物でどこかにお出かけとか、お茶会とかいうわけでなく、
「着物の所作」を学んでまいりました。

 お客様にお茶を出す所作・・・
P1020413_thumb.png
お客様の左前にお菓子、お茶は右・・・。
基本は下座から菓子、茶の順に出すが、客前にこの状態で並べやすいように出せばよい。

とか

座布団に座る所作・・・
P1020419_thumb.png
座布団に座るにも 真行草があり、これは「真」のうちの「敷き込み」という座り方。
膝前に置かれた座布団を下座に膝をふって、座布団に近い手で引きよせて・・・
ってなかんじで、立ったり座ったり、また着付けも同時に学習しました。


着付けなんて、適当にいつも着てるし~っ などど思っていましたが、
改めて教えてもらえば新たな発見がいろいろとありました。

着付けの時間短縮、バカにしていた便利用品などなど、
充実した一日でありました。
P1020426_thumb.png
単衣の大島に織の八寸名古屋

2009/09/21

今日のお着物(21.Sep.09)

およばれのお茶会にて・・・

いつもの月釜やお稽古と違って、今日は職場の先輩による
お茶会におよばれしました。

お稽古をはじめて30年の節目、お世話になった皆様をお招きして
懸釜いたします・・・とご案内いただいたのです。

もちろん、私はお世話なんてしてませんし、
お客様が少ないと寂しいから是非きてね、という座賑わし^^


いささか正装っぽく単の色無地をチョイス。

P1020397_thumb.png

帯はまだ暑さがのこる9月下旬ゆえ白地を・・・
P1020398_thumb.png

小物はピンクで後輩のかわいらしさをアピール(本人調べ)
P1020399_thumb.png


2009/09/17

民主党政権発足

鳩山政権が発足しましたね。
初めて選挙で内閣総理大臣が選ばれたというまさにchange! 
静かなる革命とも歴史的な出来事だとも言えるのでしょう。

自民党政権下の元、慣例として疑問も持たず
脈々と受け継がれてきた全ての出来事が
新しい観点から見直される絶好の機会。

これまでの経済界との関係や癒着が白紙になったからこそ
CO2の25%削減も打ち出すことができたのだと思います。


実はネコさん、先の選挙には参加してないんですよ。
今回といい、小泉さんの郵政選挙の時といい、
ちょっとマスコミに踊らされ過ぎやしませんかね。

もちろん報道がなければ政局の情報もマニフェストも
きっと私の耳には届かないと思いますよ。
自ら知ろうと努力しなければいけませんもんね。

ただ我々の正常な判断を鈍らせるような報道の仕方も
いかがなものかと思いまして…。


現在は民主党にとって好意的な報道がなされていますけど、
さぁこれからどうなることか・・・
こんなふうな天邪鬼な考え方も、それこそマスコミに踊らされている
証拠のようにも思えますが、冷静に政治を見つめて未来を見極める目が
ほしいなぁ・・・と思う今日この頃です。


2009/09/13

今日のお着物(13・20, Sep.09)

着物一枚に帯三本・・・

なんて以前も使った手ですが、
正直なところ、毎週末にお茶会となると、
ついつい着物がだしっぱなしに・・・^^;

単シーズンに活躍する一枚、
母の「お父さんとのデートにきていた」と耳タコのシロモノ。

「柳しぼり」の単の着物です。

そう、柳しぼり・・・
お茶会のあとに参加した講習会にて会長が
「まぁ!素敵な柳しぼりね・・・」と誉めてくださってその名を知ったのですが・・・^^;

写真ではよくわからないですが、縦に絞りがはいっているのです。
しかし「柳しぼり」とは素敵な名前をつけるものですね~

P1020369_thumb.png

この日は9月13日。
重陽の節句もすぎましたんで、半襟も塩瀬に。

帯は八寸名古屋、つまり単の帯を・・・
長じゅばんはまだまだ絽でごかんべんを・・・

P1020368_thumb.png




そして20日の月釜とお茶のお稽古にも「柳しぼり」を・・・

中旬もすぎましたので、帯は袷ものにしました。
色が同系色だときっちり感がでるせいもあってか、

 「えらい“正装”で何かあるんですか?」

と月窯の受付で普段声もかけられない先生方からお言葉をいただいた。
お~怖い怖い 笑

P1020386_thumb.png

P1020387_thumb.png


この「柳しぼり」、私の中では母の思い出の一品で大切にしていた着物ですが、
今回はあちらこちらでずいぶん誉めてもらい、着物としての価値も知ったので

 よそいきに格上げです!!!

価値判断が下世話でスイマセ~ン

2009/09/11

プリティ・ウーマン

久しぶりにプリティウーマンをみた。

日曜に地上波で放映していたものを録画していたらしい・・・
正直なところ、別のものを録画するつもりが間違えて予約ボタン押しちゃってたのね~


ストーリーはご存じのごとく、王道のシンデレラストーリー。
「マイフェア・レディ」を下書きにしたロマンディック・ラブコメディである。


リチャードギア演じる、実業家で大金持ちのルイスが気まぐれに町で拾った
ジュリア・ロバーツ演じるコールガールのビビアンと一週間の契約を結び、
金に任せて(失礼!)素敵な女性へと変身していく彼女と、真実の愛をみつける・・・
っていうなんともベタベタな物語。


ロードショーで1度、wowwowでもう1度見ていたので、
筋書きもよくよく知っている。毎度のことながら、
 「私もこんなふうに札束でひっぱたかれたいわぁ」
なんて思いつつ、掃除や半襟付けをしながらぼ~っと見ていた。


ストーリーの後半、
1週間の契約が終わる朝、ルイスはビビアンにこれからのことについて提案をする。

 「明日、NYへ立つけど、ロスに来た時はこれからも逢ってほしい」
 「嬉しいわ」とビビアン。
 「高級なマンションを用意するよ。それから車も・・・」


ビビアンの顔が曇る 「専属になれってこと?」
 「そうじゃないよ、君は自由だ。 ただ街にはもう立たないでほしいんだ」


ビビアンはその申し出を断る。
せめて翌朝まで一緒に過ごしてほしいというルイスの言葉も振り切って、部屋をでてしまう。


 「私の夢見ていた王子様は“黄金の籠の中で君を飼ってやるなんて
 決して言わなかったわ”」という言葉を残して・・・



いやん、ええやん!黄金の籠!!

わが身をビビアンに置き換えて考えてみる。
だいたい娼婦だったわけでしょ?こんなありがたい話ないじゃない。
私なら即OK!よろしくお願いします、ご主人さま m(_ _)m



彼女がいなくなった高級ホテルのペントハウス、
広い広い部屋でルイスはビビアンの不在を実感する。
それと同時に彼女がどれほど自分にとって大切な存在になっていたのかを感じるわけだ。



私なら、あのまま部屋をでることなんてきっとできない。
そう、私なら・・・
きっと、黄金の籠に飼われながら、時折むなしさを感じても
「いやいや、自分には過ぎた幸せなんだ」って自分を納得させて生きてゆくと思う。



ビビアンは娼婦に身を落としても、心は決して下を向いていない。
自身を卑下することなく、堂々と好きな人にもぶつかっていく。



結果、白馬の王子様が幾多の困難を乗り越えてビビアンを迎えにいく。
(高所恐怖症のルイスがアパートの非常階段を上っていくという試練なのだけど

そして熱いキスと抱擁、ビビアンいわく「そしてふたりは永遠にむすばれるのです」。



そりゃ現実問題、これからの2人にはたくさんの障害や苦難があるでしょうね。
でもネコならその苦難を一緒に戦う前に討ち死にですよ。
“犬死”にならぬネコ死


年を経るごとに臆病になったり、戦う前からあきらめたりすることが増えた気がする。
それと同時に、なりふり構わずほしいものを求めることもできなくなっていることも自覚する。



プリティ・ウーマン、ただのラブコメと思いきや、
受信者次第でいろんなメッセージを受け取れるのね~

いまさらというなかれ、
この秋、ちょっとお薦めですよ


2009/09/08

今日のお花(08.09.09)

久しぶりに苦手な瓶花を・・・^^;

針金をいれたり、瓶に細工することなく、
花自体に足をつけたり、切り方を考えたりして生けるんです。

瓶の口はすっきりとしてきれいなのですが、花が止まんない、決まらない・・・

P1000077.jpg
秋らしい取り合わせでしょう?
二種類の菊とススキです。

いつもは花の形をみて高い所に置くか、低い所に置くかなど
ポジションを考えるのですが、これは「菊の様式」、つまり決まった形があるのです。

黄色の花の位置、赤の花の位置、ここに白の菊が入ればその位置も決まっています。

な~んて、いいながら、真ん中の菊の位置を間違えて怒られたんですけどね 苦笑
そんなわけで、Bestな花形よりいささか短い仕上がりでございます・・・




そして、姪っ子のお花。
P1000076.jpg

毎回悪戦苦闘しながらお稽古しています。
子供に教えるのって大変だろうなぁ・・・と横で眺めているのですが、
なかなか上達しない大人に教えるほうがよっぽど大変でしょうね、実際




そして、職場でいつも素敵なお花が生けてあるのでご紹介。

P1000078.jpg
アレンジメントの資格を持っていらっしゃる方が、好意で生けてくださっているようです。
学生の使用するホールにそっとおいていらっしゃるのですが、
いつも本当に素敵なんです。

生花のみならず、ブリザードフラワーのアレンジメントなど、季節ごとに飾ってあって、
お会いするたびに大絶賛していたら「教えてあげるよ」って~

かなり強引な手法でねだっているようにも思えますが、ぜひ近々甘えちゃおうっと!




2009/09/06

月に願いを・・・

毎年恒例になってまいりました、お月見!

   logo.gif

お月見というとポライトなイメージですが、要するに月見酒です

この鴨川月見酒につきましては昨年のブログを参照してもらうということで、        
説明は省略させていただき、さっそく今宵の月をご紹介。
     001kei_02-ti.gif



昨年は期間中にうまい具合に「中秋の名月」があたりましたが、
今年の中秋の名月はほぼ一カ月後の10月3日。

せめて満月に・・・と今月今夜、9月5日の「月」を選び、
予約は7時、ちょうど東山から顔をだしたくらいに宴がはじまりました。
真ん丸で明るい綺麗な綺麗なお月さんです
P1020309_thumb.png


今夜のお店は京料理の老舗「田鶴」の姉妹店、「仙鶴 senkaku」さん。

最初のお料理は・・・「先付」 もずくの酢のもの
P1020296_thumb.png
キュウリの歯ごたえと、中にはいっていた小餅が美味しい♪
ま、こちらのほうも、先付はおビールを・・・

そして、冷たい茶碗蒸し。
エビとウニとオクラの出汁ゼリー寄せです・・・ん~贅沢!
P1020301_thumb.png

ここでお酒をお持ちいただきました。
 昨年も賞味いたしました「七本槍」、純米生原酒、滋賀の蔵元のお酒です。
P1020302_thumb.png
このしつらいも素敵でしょ。


つづけてお酒もジャンジャンもってきちゃって!
伏見の「蒼空」というお酒。香りがよくフルーティーな辛口。
好みです


そして「八寸」にあたるのかな? 
実際お料理の順番とかはバラバラだったように思うけど・・・
P1020307_thumb.png



この間、お月さまはどんどん上って、真っ暗な空にきらきら輝いていました。

P1020333_thumb.png


 あんまり綺麗だから飲んじゃえ!
  P1020322_thumb.png

 っていうか、食べちゃえ!!
  P1020323_thumb.png


 こんなのどうでしょ、婚約指輪
  P1020324_thumb.png
 「やん♪ お受けします~」 なんちゃって~!
 (むなしくない、むなしくない・・・



気を取り直して、お料理はその次に「お刺身」です。
ハモもうそろそろおしまいですね~。
P1020319_thumb.png
椀物「萩しんじょ」
P1020321_thumb.png

お酒は「竹泉」、純米吟醸のひやおろし。
お酒によっておちょこを変えてくれるのも楽しかった~・・・でも写真撮ってませんね


そして、蒸し物の「なすの八丁味噌だれ」
上品な田楽のような甘めのお味噌で、日本酒にぴったり!
美味しかったけど、さっさと食べちゃった ^^; 写真ありませ~ん

このあたりで、二種類のお酒が立て続けにだされました。
「龍力」姫路のお酒とのことで、かなり個性の強いお酒でした。
しっかりした辛口のお酒だったので、私的には
もうちょっと早めに出してもらったほうがよかったんじゃないかなぁ・・・なんて思うけど。

そして最後は「貴」。山口県のお酒なんだって。
あっさりと香りよく、最後にいいかんじでぴったりのお酒でした。

お酒は以上、5種類!
  当然のことならが、完食! ならぬ完飲!!!

そして食事も箸洗い?
 「ひやむぎと温泉卵」これ美味しかったわ~
P1020325_thumb.png
古代米?五穀米かしら? 
P1020328_thumb.png
水菓子はグレープフルーツのゼリーでした
P1020329_thumb.png


お酒もお料理も大変結構でしたけど、なにより今日は本当にお月さまが綺麗。
気候もいいし、大勢で宴会するのも久しぶりで楽しかった♪

今宵の月をご一緒したのは、Kaba-sanご夫妻としのぶ嬢ご夫妻、そして長女さん。 
S田嬢はご一緒できなくて残念でしたね。

しかし夫婦でこうして飲めるのって素敵よね。
お二組ともとてもいい感じで・・・っていうか、なんだか親戚のあつまりみたいだったけど 笑


そうそう、後日、長女さんと話してたんだけど、独身貴族の我々はともかく、
会費1万円+アルファのこの企画、ご夫婦でご参加って、みなさん裕福なのねぇ


いやいや、いつかネコも月を肴に一献傾けられるような、そんな夫婦になりたいわ~

   しかも裕福な・・・


 お月さまお願いします~!!!
P1020327_thumb.png


2009/09/05

今日のお着物(05.Sep.09)

 
 お月見~鴨川川床~ にて


結局、今年の夏は一度も着物を着ませんでしたわ。
やっぱり洗濯代もバカにならないでしょ~・・・^^;


9月になったので、ようやくお着物も再開。

6月9月は単の季節。
おしゃれは早め早めってことで、6月は半襟と帯も早々に透け感のある絽を使うのだけど、
9月は早々に塩瀬の半襟に単衣の帯・・・

といいつつ、やっぱりまだ夏の記憶も新しいところ。
今年は残暑もなかったけど、重陽の節句までは絽目の半襟と帯をしめちゃいます。

 P1020291_thumb.png

帯の柄は一応秋の七草「桔梗」です。
P1020294_thumb.png



夕方、河原町を歩いていると、ホストクラブと思われる客引きのお兄さんが
とびきりの笑顔を向けて「浴衣がすごくお似合いですね・・・」と声をかけてきた。


 あのね、浴衣と着物の違いもわからない人が、うっかり着物のことにふれるんじゃないの。
 だいたい客商売っていうのはね・・・・


と、ちょっと時間があったもので、くどくど接客業について説教してやろうかと思ったけど、
どちらにせよ、いいお客さんになれるわけでもないのでやめた 笑


そういう時は「お着物がよくお似合いですね」っていうだけでいいんです。
相手の自尊心もくすぐって、自分の教養のなさも露呈しなくて済むんだから・・・

ま、老婆心ですけど 苦笑


2009/09/04

幸せを祈りつつ・・・

「おわら」からの帰り、朝7時半に大阪へ到着した。

企業戦士のネコはそのまま職場へ・・・と言いたいところだけど、
企業戦士であるまえに乙女であるネコは毛づくろいが何より大切
遅刻してでもシャワーにかかりたい!
 (そもそも勤務先が企業でもないんだけど・・・)

そこで、バス停留所から職場までの途中にある長女さんのお宅にシャワーを借りに行った。
もちろん彼も企業戦士。
平日の朝8時など、とうに出勤したあとのもぬけの殻だ。


友は「無人の一人暮らしのおっさん(失礼)のところに
       よくお風呂はいりに行こうなんて思うね~
」 という。

そういわれてみれば、そうだ。
おっさんでなくても(ホントに失礼!)、男子のひとり暮らしの部屋に
まかり間違ってもお風呂に入りに行きたいと思ったこともないし、
想像するだけで、ちょっと気持ちが悪い・・・というか、汚い? 笑


しかしながら、ご存じのように長女さんは乙女系男子。
うっかり女の一人暮らしのお部屋に行くより信頼がおけるのだ。


まず前日には「明日の朝来るの?」と確認メール。
鍵はすでにお預かりしている。
「手順のメモを書いておくよ」と続けてメール。

本当に親切な人・・・





では、「おじゃましまぁす」
 玄関マットになにやら書置きが・・・

P1020283_thumb.png
部屋の見取り図と給湯のご案内です・・・ ホントまめな人・・・


洗面所には
タオル、バスタオル、新しい歯ブラシ、そしてドライアーが・・・
P1020284_thumb.png
ホテル並みのホスピタリティーね~・・・どこまでも親切な人・・・




綺麗に清掃されたお風呂でさくっとシャワーを浴びさせていただき、
部屋で今治の吸水性の良いタオルでタオルドライしながらふと足元をみると
積まれている本が目に飛び込んできた。


P1020289_thumb.png
 「ベストパートナーになるために」?



そうね、ベストパートナー! ほんとイイ人と巡り合ってほしい!
あなたみたいないい人、本当に幸せになってもらいたいわっ!


心の底から、長女さんの幸せを祈りつつ、次の本の山に目を移した。




P1020290_thumb.png
 「死ぬときに後悔すること 25」??


ん~、そうね! 死出の旅路は心おきなく逝ってほしい!
後悔しない生き方をしてね!長女さん!!
あなたの幸せな人生を本当に私たち祈っているんだから・・・



と、次の山の頂上にある本に目をやると。。。



P1020287_thumb.png
 「アンチエイジングの鬼」???







  っていうか、 
      あなた、いったいどうなりたいの・・・・?






2009/09/03

おわら風の盆

おわらがいつ始まったのかは明瞭な文献が残っていないため、
詳しくはわからないようですが、「風の盆」とは台風到来の二百十日前後に
風神鎮魂、豊作祈願として行われていたお祭りが起源ではないかといわれているようです。


そして「おわら風の盆」を育んだ八尾は、
かつて「富山藩の御納戸」と称されるほど経済が豊かな町であったそうです。
P1020244_thumb.png
それは街並みを歩いているだけで一目瞭然で、このような立派な漆喰の建築物が
今も自然に町に溶け込んでいます。


また、当時の町衆は常磐津や浄瑠璃など上方や江戸の影響を受けた芸事を楽しみ、
高価であった三味線が一家に一棹あったといわれています。
山間にありながら、文化レベルもかなり高かったんですね~。

そんな環境においてはぐくまれた「おわら風の盆」、
現在は11の町によってそれぞれ行われています。
我々関西の人間で分かりやすく言えば、
祇園祭で町ごとに鉾や山を立てるようなものでしょうか。


踊りや音曲は同じでも、衣装や踊り手の雰囲気はそれぞれで、
町ごとに特色があって面白いものでしたよ。


「おわら風の盆」の行事内容は3種類あります。
まず「舞台踊り」
P1020186_thumb.png
各町の特設舞台などで、一方向の観客に向けて踊られるものです。
おそらく舞台発表用の舞のようで、二人の女性が美しくポーズを決めたり、
男踊りとのコラボなど、他の踊りでは見ることはできませんね~。
特に「四季踊り」といわれる女踊りはこの舞台踊りでしか見ることができないようです。


次に「輪踊り」
P1020237_thumb.png
P1020225_thumb.png
地方(音曲担当)を踊り手がとりかこんで輪になって踊るものです。
いわゆる盆踊りのような体系で、一般の観光客もお昼間に練習参加をしたのか、
大勢参加していました・・・ 

ネコも昔取った杵柄・・・となんとか覚えようとしましたが、これが難しい!
炭坑節や東京音頭のような単純な振りではなく、「盆踊り」とは確実に一線を画してます^^;


そして、最後に「町流し」
これがおわら最大の特徴といわれるもので、地方と踊り手が町内を練り歩きます。
深夜の提灯の明かりに浮かびだされる光景の美しいこと・・・
17.jpg

踊り手の美しさもさることながら、地方さんの三味線と胡弓の音色が本当に素敵で、
その三味線の音合わせをしていると、あちらこちらから踊り手さんが集まってくるんです。
そして自然発生的に輪踊りが始まる、町流しがはじまる・・・しかも夜通し。

素敵な文化だなぁと感激しました。


まだまだ、書きたいことはあれども、まずはこの辺で・・・





2009/09/02

おわら風の盆 (プロローグ)

念願の、越中八尾の「おわら風の盆」に行ってきました。

P1020189_thumb.png

富山県の南西部、飛騨の山々から越中側にのびる八つの山の尾に抱かれた山間の
八尾という小さな町で一年に三日だけ行われる祭り、「おわら風の盆」。

三味線と胡弓の音色をひびかせ、笠を深くかぶった踊り手は無言で朝まで踊り続ける・・・


たくさんの小説や映画の舞台として有名になったこの「風の盆」、
あこがれて、あこがれて、いつか絶対行きたいと思っていたのです!

しかしながら、従来2万人ほどの人口の山間の町に
祭りの三日間で15倍以上の人が押し寄せると聞いて
交通も宿泊も絶望的、踊りを見てる周りは観光客だらけ・・・
情緒もくそもないなぁ・・・と思って諦めていたのだけど、
みつけちゃった、素敵なバスツアー!

 15:30に梅田を出発、22:00八尾到着、
 午前3時まで見学後、一路大阪へ・・・
 そして、7:45大阪着


踊りは一晩中、22時から夜中の3時まで滞在するなんて
観光客は減るわ、仕事は半日休むだけでいいわ、最高じゃない!?
さすがJTBさん! さすが目端の利くネコさん!!!


こうして、長年の夢と憧れをのせて、いってまいりました。



つづく・・・




ホーム

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。