ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/30

手料理を・・・

料理をつくりますので、食べに来ませんか? 


とお誘いのメールをいただいた。


   男子から・・・ 



お~!いくいく と返事をしつつも考える・・・

ネコさんたら、これでいいのかしら・・・


スポンサーサイト

2009/07/25

鮎の骨抜き

さて、みなさん。
今日は鮎の骨抜きについてご説明しましょう。


・・・といいますのも、本日は和食のマナーという講義をうけておりまして、
午後には実地指導ということで、お食事に出かけたのです。

ほら、お箸の持ち方からはじまって、椀物の開け方からいただきかた、等々
机上の勉強では伝わらないことってありますもんね。

講義室からあるいて5分ほどの日本料理屋さんの個室をご予約いただいて、
ランチの懐石(4000円)をいただきました。


そして、本題。この季節の焼き物はやはり「鮎」がでるんですね。
P1020087_thumb.png

和食の「鮎」は洋食のマナーでいうところの「バナナ」のようなもので(自論)

ある種、こういった食事のマナーのハイライトとなる腕の見せ所です(もちろん自論)。

  さぁ、教えてごらんなさい! 



うそうそ、ネコもうろ覚えだったし、なにより母に教わっただけでホントはどうなの?
ってのも知りたかったんですよね。

なにより、ここは自分が教わるという場なのではなく、人にどのように教えるのか、
という事が何より大切なので、謙虚な姿勢で先生の言葉を待ちましたよ。


  しかし普通のお食事のように、そして普通の塩焼きのようにお食事が進んじゃった・・・


え~・・・せっかくの見せ場なのに・・・(あくまで自論です)。

ま、偉そうにネコが披露するのもなんなんで、ひとり骨を抜き、皿の端によけておくと、
冷めてしまいつつある鮎に悪戦苦闘中の仲間より「上手に食べるね~」と感嘆の言葉が・・・。

  教えてあげたい・・・
  一般常識として、和食のマナーといて、「鮎の骨抜き」を教えてあげたい・・・

と思いつつ、先生の手前、どうしても出しゃばれなかったのでここでご説明を。
ご存知の方も、そうでない方も、覚えておいて損はありません。



 ただし、ネコ母より教わった「鮎の骨抜き」です。 


 ① 背びれ、尾びれをはずす

 ② 鮎の体をお箸で押して全体をまっすぐにする。
   (泳いだ形に串打ちされて焼かれていることが多いですので)

 ③ エラのあたりに箸を入れ、中骨を折る

 ④ 尾のあたりに箸を入れ、しっかり中骨をつかむ。

 ⑤ 頭を懐紙などで抑え、尾のあたりでつかんでいる骨を引き抜く。
   あら不思議。中骨と周りの細い骨が一度に抜け去ります♪

 ⑥ 身は「タデ酢(タデの葉を使ったお酢)」でいただく。
    鮎の内臓の苦みも珍味といわれるので、残さずいただきましょう。


しかしながら、天然焼き立ての鮎は気持ちがいいほど綺麗に抜けますが、
冷めたものは身が硬くなって身離れが悪く、途中で中骨が折れてしまうことも・・・
勢いよく引き抜いて、身を飛び散らかさないようにお気をつけあそばして~。


良く焼けた鮎は頭からいただくというのも確かに美味しい食べ方ですが、
「いざ」という時のために、機会があれば身につけておきましょう。


ところで、どなたか「男を骨抜き」にするお作法をご存知でしたら
ぜひ、ネコにご伝授くださいませ・・・


2009/07/21

今日のお稽古(09.07.21)

今日の花材はなんだか大作の予感・・・
花のくるまった新聞紙がでっかいんだもん・・・^^;


二種類の花器を使用した「花意匠」。
かなり豪華な様子になりました。 お玄関に低めに飾ったら美しいでしょうね~。

CIMG4228_thumb.png
(瓶花:ウイキョウ、ダリア、ゴットセフィアーナ、
 盛花:トルコキキョウ、

CIMG4229_thumb.png
横から見てもダイナミック。


この黄色いのが「ウイキョウ」なのだけど、香辛料にも使われている植物で、
香りがキツイ・・・

帰って家に飾ったら、日がたつごとにスパイシーな香りが・・・
食卓に飾るのもキツイけど、リビングはもっときついかも。

独特の香りの強い花も考え物ですなぁ・・・

2009/07/18

ETC割引>エコ

梅雨があけないまま、子供たちの夏休みが始まる。

ETC休日特別割引がこの8月9月も適用されるらしく、
この夏は大変な渋滞も予想されている。

1000円で高速乗り放題!
ガソリンも安くなったし、少し遠出して観光地に行ってお金を落とそう!
(実際はサービスエリアがご商売繁盛のようですが・・・)これは一つの経済政策なんでしたっけ?

お金をかけずに家族団欒、夏の思い出、それも大変結構ですが、
交通機関を利用して排気ガスを減らそうっていうエコロジー運動はどこいっちゃったの?

なにか矛盾しているように思うのですけど・・・

2009/07/09

契約履行 つづき

ネコの契約・・・

それは、結婚のお祝いのランプづくり ^^;

ようやく3年ほど前にご結婚された先生のランプが出来上がりました。
P1020074_thumb.png

お休みはハワイで過ごされるご夫婦。
寝室で使いますと言ってくれていたので、海の中の光をイメージして・・・

P1020076_thumb.png

青い光は女性の肌をきれいに見せてくれるとか・・・


なにはともあれ、借金ひとつ返済。
心に引っかかっている契約、あと二つ・・・ いまのところ・・・

2009/07/07

今日のお稽古(09.07.07)

7月の花材といえば「檜扇(ひおうぎ)」。
祇園祭の宵山で屏風とともに飾られている生け花に「ひおうぎ」を見る機会も多い。

檜の扇を広げたようなその形から名づけられたのだろうけど、
盛夏にふさわしいいい名前だなぁ・・・

CIMG4223_thumb.png
(檜扇、鶏頭、小菊) ・・・たてる形



それから、今日はネコ姪のお花デビューの日・・・

お稽古はじめのご挨拶。
通称「お膝つき」と呼ばれるお菓子は胡月で用意し、
正面を正して先生にご挨拶をする練習をする・・・店先で ^^;

こういうきっちりとした挨拶を折に触れ学ぶことが、
小さいとこからお稽古事をする一番の利点だと思う。


そうこうして初めて本格的に活けた花がこちら。
CIMG4218_thumb.png
 (ユリとバラ) ・・・たてる形



 姪よ、ネコの屍を越えてゆけ・・・


2009/07/06

七夕に寄せて・・・

ランチにはいったお店に飾ってあった七夕飾り・・・
ネコも切にお願いしたいことは多々あれど、人の短冊をつらつらとながめる。

 「おじいちゃんがはやくよくなりますように」
 「にいにが元気になりますように」

と、病院らしく、お見舞いのご家族からの心あたたまるお願い事。

また、「結婚できますように」「小じわが増えませんように」
と、おもわずネコが書いたんだっけ?と思うような現実的なお願い事もちらほら・・・


そんな中に・・・

2009070613480000.jpg
 「おちゃんが○○とこのかぞくになりますように」

ん? おっちゃんが、○○ちゃんのところの家族になれますように?

その人間模様、リアルで複雑やないか~い!

ホーム

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。