ネコのたくらみ

仕事も恋も人生も、すべて崖っぷち、でも危機感ゼロ。 そんなネコの日常です。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/30

煎茶にはまる

前述したが、5月はお煎茶にずっぽりはまった!

GWは講義と二条城の市民煎茶茶会に参加。
そして17日は下鴨神社での献茶式にて講義をうける。
そしてそして、30日は念願の実技。簡単なお点前を教わることができた


我々にとって「煎茶」とは身近にありすぎるせいか「知らない」ということも分からないでいる。
茶の湯がこう日本文化に根付き・・・というか、日本文化そのもののようになっているのに
なぜ煎茶は文化の一部として広まらず、嗜好品のひとつに甘んじてしまったのだろう。

しかし茶の湯が室町時代以降、常に隆盛であったというわけでもない。
そういえば、以前“衰退していた茶の湯は近代になって女子教育を通して広く普及した”
という記述を読んだ様な気もする。

煎茶は幕末頃から一時期は茶の湯をしのぐ勢いで文化人に愛好されたという。
中国の文人趣味を色濃く感じるそのしつらいやお道具など、とっつきが悪いのだろうか。
それとも好まれた層が限定されてしまったのだろうか。

いずれにせよ、普段茶の湯に親しみのあるネコには全く新しい世界で、
見るもの聞くもの、そして味わうものが全て興味深くキラキラして感じられた。

かの文豪、夏目漱石は茶の湯嫌いで知られているが煎茶を愛好していたらしい。
著書『草枕』に煎茶についての記述がある。
ネコの筆にかかれば、「ゴールデンドロップ」だの、「玉の露」だのとありふれた表現で
あっさりまとめられてしまうあの一滴も、さすがの漱石の一文は「これぞ煎茶!」と
その美味しさを余すところなく披露している・・・


・・・前文略
  濃く甘く、湯加減に出た、重い露を、舌の先へ一しずくずつ落として味わってみるのは
  閑人適意の韻事である。
  普通の人は茶を飲むものと心得ているが、あれは間違いだ。
  舌頭へぽたりと載せて、清いものが四方へ散れば喉へ下るべき液は殆どない。
  ただ馥郁たる匂いが食道から胃のなかへ沁み渡るのみである。
 ・・・後略


その「濃く甘く、湯加減に出た、重い露」をいったいどのようにして
この茶器に落とすのだろう・・・
このお点前に触れることをどれだけ切望したことか・・・
初めてあのお茶をいただいてから、どのようにしたらあのお茶が入れられるのか、
ネコ的には、まさに喉から手がでるほど知りたかった「匠の技」なのである。

これ以上は、よく知りもしないものが語らないでおこう!
実際自ら体験してみて、一朝一夕であの味がだせるものではないことは自覚した…とだけ・・・
しかしながら、ほんの入り口であっても、この体験を門扉広く享受させてくださること自体驚きである。

あ~お煎茶、小川流の世界。
どっぷりつかってしまいたい気持ちもするが、いまは細く長くでもつながっていたいと切望する・・・


追記:

最終講義の終了後、講師に入っていらした餅姐より、お家元お好みのお茶をいただいた。
  「復習がてら、お母様にいれてさしあげて・・・」と・・・

あれから数日、姐さんから頂戴したお茶で、機会を見つけては何度もお茶を入れた
このあたりのお話は、また後日・・・


スポンサーサイト

2009/05/30

今日のお着物


 お煎茶のお稽古


念願の実技の講義!
気合いをいれて・・・というか、講師にはいっているであろう姐さんとの暗黙の了解、
ドレスコードはいつも着物

P1010993_thumb.png
母の仕事着であった絣をチョイス。

五月も下旬のお稽古着なので、単もの、木綿ものから選んだつもりだったのだけど、
姐さんと生地をよくみたら、どうも絹地だったみたい・・・
いまさらながら、今後は水仕事に気をつけて袖を通さねば・・・ 


張り切って着物~?・・・なんて他の受講者の方に思われやしないか、目立ちすぎやしないかと、
「いえ、全く普段着です」印象のこの着物をチョイスしたんだけど、今日は何度となく道を聞かれる。

    地元の方ですか?
    お宅はお近くですか?
    そこの角にあったお店はいまどこに・・・?


  まったく知りません!


あまりにも普段着すぎて、電車に乗ってここまできたなんて思ってもらえなかったってことね
お着物選びももうちょっと考えないとね~ と思った今日一日です。

2009/05/18

インフルエンザ騒動

新型ウイルスのよるインフルエンザ、世界的大流行・・・
日本でも4人感染者!

なんて先週ニュースでみていて、忙しい週末を過ごしたら、
神戸・大阪で大流行! え~そうなの??

電車には早速マスク姿の人が。
ノーマスクのネコがうっかり咳でもしようものなら、
親の敵のような視線であちこちから見られる・・・肩身が狭い・・・


職場に着くと、外来は閑散としていた。学生も休講で一週間お休み。
業者さんもしばらくの間、立ち入りが制限されている。
ってことは、客もこない。

ま、担当科的な理由も含めて「こりゃ、一週間はのんびりすごせるかな?」と思いきや、
神戸で開催予定の学会が中止!日帰りで済ませられると思っていたBossの会議が
東京で行われることが決まって、急きょ2日間の出張になってしまった。

予定外にいきなり二日抜けられるってことは、ネコのお仕事として、出張の手配からはじまって、
在室の間に決済してもらえるよう、特急で片付ける仕事が滝のごとく振って湧いて、
そしてたまって、最終的には水浸しになるというわけですがな・・・ひぇ~ 
そう、ネコの仕事なんて水もの。いうなれば、水商売ですよ

おかげで毎晩翌日が近づくほどの残業に・・・
インフルエンザめ。。。 
微弱性といいつつ、ずいぶんな強大な影響力をお持ちなのねっ! 
とっとと失せるか、とっととネコを倒して欲しいと思う今日この頃です・・・


2009/05/16

友人の結婚式

五月雨にかえって緑があざやかな5月の午後。
友人の結婚式に参列しました。

P1010850_thumb.png

新郎新婦ともに長身のモデル体型で、とても美しかった
目の保養にもなりました 笑
P1010852_thumb.png


友人の結婚式と言えば、これまで「受付」にはじまり「スピーチ」に「余興」など
いろんなお役目を与えられてきましたが、今回のは一番特殊!

  「プロフィールビデオ作ってくださいよ~

という新婦の軽いノリで依頼された「PV作成」という大仕事
あのさぁ、こっちはまったくの素人やっちゅうねん

 ネコ: 「お断りします」
 新婦: 「え~!なんでもできるじゃないですかぁ」
 ネコ: 「いやいや、他をあたってください」
 新婦: 「やってみましょうよ~」

という、すでに結果の用意されたメールのやり取りの末、
まんまと引き受けてしまいました・・・


二人の幼少からの写真を持ち寄り(正確には二人分の人生一杯の写真を部屋に持ち込まれ)、

成長にあわせてコメントを作成する(正確には「このへんは適当に…」という指示をもらう)。

そして二人の思い出深い音楽をセレクト(正確には「あ、それでいいです」とこだわりもなく決定)、

PVラストの挨拶の言葉はお二人が吟味した(正確には全てネコからのお礼の言葉である)。


一時期、二人とそのご親族までが夢にでてきてうなされもした・・・
前日まですったもんだの結果、なんとか当日には無事放映 

もう少しこうすればよかった、ああすれば・・・といつのも悪い癖でクヨクヨするのだが、
お二人にも参列の友人にもねぎらいの言葉をいただけたので良しとする!


家族・親族と周りの友人たちに囲まれて成人した人生。
そして二人の成長と出会い、重ねてきた日々・・・
客観的にも主観的にも二人の人生に寄り添った数日間を過ごして
お式に参列すると、何もかもが美しく、そして温かく、
何より彼女の笑顔がとっても幸せそうで、胸がいっぱいになってしまった。
どうか末長くこの日の気持ちが続きますように・・・


 しのぶちゃん、ASKWさん、お幸せにね




少なくとも、私の努力が報われるくらいは長続きしてね 笑


2009/05/16

今日のお着物(16.May.09)

披露宴に出席・・・

うすい青だか緑だかの付け下げ。
藤やら菊やら梅、といった四季の草花が絵羽模様にもなっているのだけど、
ここまで大きく胸元にボタンがあれば、この季節を外せない。

P1010956_thumb.png

母と妹と姪っ子(これは首に腰紐や帯締めをひっかける担当)を総動員して
家庭内工業で締め上げた「なんちゃってお文庫」
P1010966_thumb.png

さすがに、プロに任せると美しい仕上がりです。
崩すのがもったいなくて、このまま新地で働きにでも行きたかったです
P1010952_thumb.png
かんざしは、かづら清。 銀の花かんざしです。

2009/05/09

学ぶということ

今日は、講義の日だった。
趣味と実益を兼ねて、現在「マナー講師養成講座」に通っているのだが、
これが思った以上に悪戦苦闘なのである。

過去に専門学校で秘書実務を教えたり、現在も秘書業務についていたりと、
きわめてマナー・しきたりのオタクとして生きてきた実績があるぶん、なめていたのかもしれない。

というか、過去に身につけたことはこの際忘れるとして、現在講義をうけている流派(?)というか
こちらの会の作法を改めて体に叩き込むということが、どうもうまくいかないのである・・・

年をとったせいだろうか・・・、新鮮味が足りないせいだろうか・・・
実際、過去に習った時は、先生の一言ひとことが新鮮で、かつ強烈な印象として
今でも脳裏に焼き付いているのに、今はメモしたことさえ片隅にも残っていないことがある。
講義をうけるたびに自責の念にかられちゃう・・・


そして今日は年に数回ある副会長の講義。
なんらかのテストはあるかと覚悟していたが、突然提供されたお題が、
講師として皆の前で講義をする、という内容だった。いやぁん

テストの前の昼食中「気が重いね~」というネコに
「ネコさんはいいじゃない、経験あるんだから・・・」と仲間の一人が。
「経験ったって、10代の何もわからない女の子に教えてただけだから・・・」とネコ。

そうなのである。
あの時教えていたのは、教科書や検定の基準、そしてネコの常識の範疇で
未経験の学生に教えていたマナーレッスンなのだ。
このたびのような「私どもではこのようにお教えしています」と会長から一年目の講師まで
同じ作法を教えなればいけないという看板は背負っていなかったのだ。

するとその同僚が
 「どうして完璧にやろうとするの?
 できなくて当たり前。一緒に勉強したらいいじゃん」
とさらっと言ってのけた。

なんだろう、この一言に肩の荷がすっと下りた。

長い社会人生活の中で「できません」「わかりません」という選択肢を
自ら封じ込めていたことに改めて気付かされた。
でもそうだよね、仕事じゃないもんね、学生として勉強してるんだもんね。


そして、午後。発表の時を迎える。
ま、なんだかんだいって私のことだ。なんとかなるだろう、とぶっつけ本番、
しかもトップで挑んだ・・・が、これがまた散々な結果で・・・

いつもなら不出来な自分が腹立たしく、恥ずかしく、クヨクヨといつまでも後悔し、
人知れず、自分をとことん追い詰めるのが常なのだけど、
素直に「ここが足りなかった」「こうすればよかった」「次はこの切り口でやってみよう」
と初めて前向きで積極的な気持ちになれた。


できなくて当たり前。みんなと一緒に学んでいけばいい・・・
「学ぶ謙虚な態度」というものを少し思い出した気がする。



2009/05/04

今日のお着物(26.Apri, 2-3.May.09)

着物一枚、帯三本といいますね・・・

同じ着物でも、帯によって格も変わるし、印象も変わるということですが、
昨今、遊び着なんかでは、帯より着物の印象が残りがちなのではないでしょうか?


そこで、
 着物三枚、帯一本を体現


っていうか、出した帯を片づけるのがめんどくさくて、
帯に合わせて着物を出したというのが正直なところですが・・・



24.April..09 お稽古にて・・・
P1010827_thumb.png
祖母のおさがり。帯をしくじると、やっぱりババくさくなってしまうので、
柄のかわいらしさを優先して、この帯をチョイス。
意外と緑の差し色が効果的・・・帯上げも薄い緑色でした。


03.May.09 二条城市民煎茶会にて・・・
P1010831_thumb.png
こどもの日も近いので、GWには必ず袖を通したいこの着物。
矢がすりというか、ちゃんと矢のデザインになっているでしょ?
柄ゆきがちょっと似通ってもいるので、この組あわせは私の中で定番。
着物の色の中からその時の気分によって帯締めをチョイス。今回はオレンジの気分でした。


04.May.09 またまた京都へ・・・
P1010835_thumb.png
帯を選んでしまったので、好きな取り合わせを・・・てことで選んだ一枚。
先月は羽織を着てUPしていますが、今回はタケノコでってことで・・・
(タケノコ=道行・羽織ナシってこと。母が言うのですが、共通語なのかはわかりません^^;)



ま、体現もくそも、スーパーユーズの帯はこんなふうな使い方になりますけどね。
薄いベージュの季節感のない帯・・・重宝しまっせ~

2009/05/03

小川流お煎茶~市民茶会にて~

新緑のGW。今年は京都三昧!

3日から5日は二条城で市民煎茶茶会が開かれている。
この日にご担当されている小川流のお茶をいただくのが一番の目的だ。
P1010830_thumb.png


はじめて小川流のお茶をいただいたのは、何年前だったか・・・
葵祭りの献茶式に連れて行ってもらったときだ。
その衝撃といったら、あれから片時も忘れることのできない味であった。
まさに「玉露」、玉の露だ・・・と思った。

そしてその翌年だったか、この市民茶会に呼んでいただいた。
市民茶会では他の流派との飲み比べやお点前・しつらいの違いなどなどを
見比べるのが大変面白いが身びいきなのか、なんなのか、
やっぱり小川流がどこか違う!

お聞きの通り、ネコはすっかり魅了されているのだ。
皆さまにもぜひ一度ご賞味いただきたい!目から鱗とはこのこと!
今まで飲んでいた煎茶はいったいなんだったのだ・・・
お茶の葉よ、すまない・・・、茶摘みに従事する皆さん申し訳ない・・・
と、手のひとつでも会わせたくなるはず!

そんなわけで、この5月は念願であった勉強会にも参加することにしている。
お抹茶とは違うお煎茶の世界・・・これもはまちゃいそうです・・・

P1010829_thumb.png
いつもお茶会のご案内やチケットの手配をしてくださる餅姐さん!
お若いながら、小川流の看板を背負っていらっしゃいます。
いつもおおきに、すんまへん

ホーム

Home

 

プロフィール

ネコトモ

Author:ネコトモ
仕事も恋愛も中途半端な立ち位置をKeepしています。

趣味はお稽古ごと。
花嫁準備は万全ながら、なかなか飼い主に巡り合えない
自称、幸せ迷子の仔猫(?)ちゃんです。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。